2012年02月14日

京都府立植物園第二回 中編

今回はびかくしだ編です。

P1000026.JPG
Platycerium Wandae

画像のワンダエは温室入って割とすぐの場所にあるので、
来た時は毎回確認してます。
最初の温室はうずまき状の構造になっているので
このビカクシダの後ろ姿を、ヒスイカズラコーナー辺りから見る事ができます。
重そうな体を支えている舞台裏は必見です。

P1000043.JPG

P1000052.JPG

この辺の写真は以前来た時に見られなかった物です。
温室はゴチャゴチャしているため、
遠目の場所の壁にかかっているビカクは見つけられない事があります。

P1000046.JPG

P1000064.JPG

アルキコルネです。
群生しているかどうかで栽培時に子株を出すかどうかの判断材料になるのかも?
うちのアルキコルネも子株出してほしいです。

P1000060.JPG

毎回来た時に綺麗な姿が見れないリドレー。
常に貯水葉が茶色く、胞子葉もまずまずといった感じで絶好調の時に見たことありません。
京都府立植物園もリドレーには苦戦してるのかな?

P1000061.JPG

以前見られなかったコロナリウム。
家にあるものと違い、若干細葉の特徴が強い気がします。
コロナリウムは普通の葉の太さのものと、細葉のものとパターンがあるとかないとか・・・


posted by 植物部 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(1) | ぶらり探訪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

香川県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 香川県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-03 06:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。