2012年01月30日

雪が降る時期

P1000011.JPG
ビカクシダ、コロナリウムとスペルブム


カタオです。
最近では関西でも雪が降り始めました。
流石に寒いので暖房をつけて、なるべく15℃以上を保つようにしています。
乾燥しすぎないようにプラズマクラスター加湿器も回しています。
毎晩、ガラス窓の結露が凄いことになってます。

今日は雪の中、植物部で使用していた大学のベランダの掃除をしていました。
何かと迷惑とかけたのである程度の片付けをして卒業したいと思っています。
落ち葉掃除をしていると何だか哀愁を感じます。

P1000020.JPG
コロナリウムの新芽

涼しいのが好きなスペルブムもまずまずの調子ですが、
暖かいのが好きなコロナリウムの調子も何故か良く、順調です。

日当たりの環境も最良とは言えず、
植物温室も無いただの室内栽培ですが、ビカクシダは割と上手くいっています。

P1000018.JPG
アルキコルネ

水やりはなるべくぬるま湯でやっています。
氷のように冷たい水道水を直にかけるのは流石に可愛そうな気がするので。

P1000013.JPG
Drynaria rigidula

リギデュラは今までで一番大きい外套葉を出しました。
隣のものと比べると1.5倍ぐらいあります。
この種も夏が本番なのですが冬に成長してくれているのは予想外です。

P1000017.JPG
Aglaomorpha meyeniana

新芽は出てますが現状維持といった印象のアグラオモルファ。
根茎は太くなってるので今後に期待?


posted by 植物部 at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 着生シダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

謹賀新年

P1000002.JPG

あけましておめでとうございます。
カタオです。

冬でも相変わらずシダは元気です。
写真はドリナリア・リギデュラの新しい外套葉です。

ビカクシダのコロナリウムは外套葉を出し続けています。
昨日また新しい外套葉が葉の中から見えてきました。
冬だというのに元気です。
元々部屋の断熱が良いのか14度以上は常にあります。
14度近くなると、流石に人間も寒いので暖房をつけます。
一応プラズマクラスター加湿器をつけているので過度の乾燥は防いでるはず・・・

大学も四回生の終わり、
植物部も終わりが近づいてきたので、
大学のサラセニアも下宿に持ち帰り、引越しの事を考えています。
サラセニアは冬から春までの間、葉がほとんど無くなるので引越しに向いています。
勤務先は東京・・・現在の場所は京都なので長旅になります。
ビカクシダは引越し便で送らず手持ちで持っていこうかと悩んだりしています。

働いて余裕がなくなっても少しづつ植物の知識は高めていきたいし、
今ある植物は大切に育てていきたいと考えています。
購入は少しゆとりが出来ればするかもしれません。

ということで
今年の抱負→「長く続ける」
植物は長寿ですが、大体枯れるのは人間が折れた時だと思うので
折れずに枯らさず長く付き合いたいですね。
posted by 植物部 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 着生シダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

胞子その後

カタオです。

今回は写真無しです。

以前ドリナリア・リギデュラの胞子まきをしましたが
ピートモスの上に緑色の苔のような物が発生しているので
どうやら成功したみたいです。
容器が曇っていてデジカメで撮影できません。

今の所大きなカビは見えないのでカビ問題に関しては経過待ちです。
反省点としては中に水を残しすぎて水たまりの部分ができてしまい、
その部分では胞子が育っていない事。
次回からはもうちょっと水を少なめにする必要があるかなと思いました。
そのうち意を決して蓋を開けて水を捨てる覚悟がいるかも。
(カビの混入や急激な環境の変化が怖い)

もうちょっと大きくなって撮影できるほどになってほしいです。
posted by 植物部 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 着生シダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

胞子まき

kata01689.JPG

kata01690.JPG

ドリナリア・リギデュラの胞子蒔きました。

kata01701.JPG

適当にピートモス入れて

適当に風呂場で熱湯殺菌して

適当に蒔いて

適当にやった感じなので

駄目でもともとでやってみてます。
カビ生えるかな?
posted by 植物部 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 着生シダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

アリノスシダその後

kata01687.JPG
Lecanopteris sinuosa

カタオです。

購入した!という記事以来書いてなかったアリノスシダです。
枯れて話題にならなくなったという訳ではなく
調子が中途半端に悪いような感じだったので書いてませんでした。

購入時は水ゴケと軽石が混ざったようなコンポストだったのですが
夏に水ゴケ単用で植え替えしてからなんだか調子がよくなったようです。
水ゴケが腐ってると調子が悪くなりやすいんでしょうか?良く分かりません。

シヌオーサはアリノスシダの中でもダントツで簡単らしいですが、
やっぱり丈夫な他の着生シダと比べるとなんとも言えない感じです。
ただ、調子が悪くなってもすぐ枯れずにしぶとく生きてるあたりは力強さを感じます。

kata01688.JPG

木組みのバスケットで
オンシジウムと胡蝶蘭と一緒に寄せ植えしてます。
アリノスシダは水枯れに弱そうなので、水ゴケが乾燥したら即与える感じで潅水してます。
乾燥してから間をおいて水をやったりするラン等にとっては水を与えすぎかもしれませんが
現状では問題なさそうなので何とかやってます。
とりあえず管理が楽です。
posted by 植物部 at 13:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 着生シダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。