2011年11月15日

我が家の低地性ネペン

DSC01887.JPG
お久しぶりです、部長です。
お知らせです。
マニアック園芸店Bearersを開店しました。
のんびり細々と営む個人経営のお店です。
食虫植物入門者からマニアの方々、
もちろん園芸に興味のある全ての方々にご愛顧頂けましたら幸いです。
これからの分譲商品はこちらに掲載したいと思います。
http://bearers.cart.fc2.com/?ca=all
と、宣伝はこれまで。

今回の記事はネペンテス♪
衣装ケースを上下に合体させて簡易温室を作り、この中で栽培しています。
水中ヒーターで湿度と温度、小型ファンを入れて通気を図っています。
品種はアンプラリア、グラシリス、ベリー、ブルケイ。
アンプラリア、ブルケイはどうしても栽培してみたかったから。
他の品種は小型の温室に収まる可愛らしい小型草系ネペンを選びました。
これはオススメできそうです(場所的に)
今のところ不調もなく、ゆるやかに成長を見せているところですが
これらの低地性ネペンは冬が苦手!
これからが注意しないといけません。


posted by 植物部 at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ネペンテス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

ネペンたち

DSC01073.JPG
部長ですー
久々のネペンで更新!

左からトランカータ×エフィピアタ、ボングソ×イナーミス、ボゲリー、ステノフィラ。
それぞれに成長に特徴があるのですが一緒に管理しています。
昼は涼しめ、夜は霧吹きと少し寒いくらいの温度。
これから夏になると不調になるだろうなー
posted by 植物部 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ネペンテス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

〜ネペン用土の考察〜

DSC00502.jpg
部長です!
冬になり寒くなって、現在ベランダにいるのはサラセニアと洗濯物だけ。
夏は野菜栽培用のプランターを所狭しと置いてたっけ。
そんな僕は隣人からどう見られてることやら。
「サラセニアはレギュラーでプラティケリウム(ビカクシダ)がたまに吊るされてあるんだぜ!
 隣の住人はよ。変わった趣味の人もいるもんだなー」って感じ?
仮にそう言ったとしたらあなたは同類ですよ♪
植物の名前しかも学名で言ってしまったら我々と一緒の園芸狂です。
今日もいくつか更新しますー
まずはネペン。久々な気がする。
冷静に考えるとリビングでの栽培ができなくて当然だと思ってしまった・・・
ネペンは食虫の代表格として食虫世界の中でも一番図体が大きくなります。
この植物体が60〜80%くらいの湿度を求めると温室が必要になってしまう。
今は衣装ケースに収めていますが、やがて大きくなると成長が萎縮しがちになるワケです。
現時点では全種がそこそこ快調に蕾を着け始めています。
始めの冒頭の写真はマキシマのです。
比較的環境変化に対して反応が早く、ネペン栽培法の基準となっています。
DSC00506.jpg
これはトランカータ×エフィピアタの交配種。
マキシマに続いてリアクションがわかりやすい。
他は成長の遅いミドルランド種なので、反応は遅れてやってきます。
この交配種は蕾が大きいので期待したいところ♪

あと用土を変えました。
前の鹿沼単用でトランカータの大株を枯らすという悲劇の一因となったので
長期コンポストは止めて、あえてコンスタントに植え替えていこうと気持ちにしましたよ!
品種によってまちまちですが、幼苗の根張りが弱かったのもあり
柔らかい有機質が良いと思ったワケ。
乾燥水苔はベストなんだけど植え替え時にはなるべく昔の用土は落としたいのよ〜
乾燥水苔を使うのは根が丈夫なサラセニアくらい。絡まって取れないでしょ。
だから、他に無いかなーって
ホームセンターで売られてるウツボカズラの土って見たことあるかな?
あれを再現して2年おきくらいに植え替えていこうと。
そして、乾燥水苔はコストも高い。
で今、使用してる土が≪ピートモス5:川砂4:富士砂1≫
富士砂は勝手に混ぜました。鉄分、ミネラル等の補助的栄養素があっていいかなと。
食虫植物のアソートで置いてるのは恐らくピート単用だから、泥化して排水性に乏しいです。きっと
あの青いプラ鉢に白い網カゴで吊ってるやつの用土を参考にしたんだ♪ わかるかな。。。
山田食虫植物農園でネペンを頼んだときに使われていた用土が多分ピートとモミガラだったのよー
モミガラってアルカリ性だからピートの強酸性を中和するし、
あの船形の形状でピート泥化による通気性排水性の欠点を補っているのだと思います。
乾燥水苔よりもピートの方が細いので
絡まった根の間に入り込んだ土も根に優しく取り除くことができるのです。

あらっ文字だらけやーん。
今日はこのへんで、ほなっ! さいならー
posted by 植物部 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ネペンテス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

園芸家=(母親+監察医)

DSC00271.jpg

こんばんわー部長です。
マリオ64を今頃になって初めて全クリアしました〜
意外に☆120集めるのは難しかった!

今日はネペンテスで更新。
夏場は暑いので冷房するとローランド種の成長が緩慢になり、
網戸&扇風機だとハイランド種と主人が耐えられない!
やっぱりどっちかに統一するべきなんだよねー
鉢の数も少ないほうが良い。夏は水の乾きも早いし、管理も管理でてんてこまい。
その結果、トランカータも1株枯れてしまった。。。
おそらく原因は鉢内の酸素欠乏か。
鹿沼土を使用して微塵抜きを怠ったせいで一部泥化したんじゃないかなと。
葉のワックスが失ってきて葉先からじゃなくて茎から茶色く枯れて逝ったのです。
只今、死因特定中。勉強させられているところです。
あと3株同じ植え方をしているので、一回植え直してみようかと思ってます。
用土も見直さないといけないのかもしれないよね。

まさに植物をはじめ、生けとし生きるモノ全ての存在は『奇跡の連続』!
当たり前の管理が常に死を底とした綱渡りなんだなぁ。

DSC00273.jpg

現在、数少ない好調組からネペンテス・トランカータ×エフィピアタです。
一昨年枯らしたことのあるエフィピアタを片親に持つ交配種♪

DSC00275.jpg

まだエフィピアタの特徴が出ていない中苗の紹介〜

で、今日は終わりッ!

        
       おなかすいた〜


posted by 植物部 at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | ネペンテス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

トランカータの子供

kata00544.JPG

カタオです。

ご存知ウツボカズラのネペンテス トランカータです。
部長の家にあるでっかい奴と同じ種類です。
これは部長から買ったんですがまだ子供なので捕虫袋もなんだかよくわかりません。
食虫はサラセニア主体なので我が家では唯一のウツボカズラだったりします。

しかし新しい葉っぱにあまり元気が無く。
夏になって温度も上がって来たと言うのに。
葉水もしてるし日光も朝はまあまあ当たってると思うんですが。
葉っぱも黄緑色になってるし。
植え替えした後から結構たってるし落ち着いても良い頃だと思うんですが。
新芽が絶えず出てるだけマシかな?
ネペンテスは難しいですね。
posted by 植物部 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ネペンテス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。