2012年02月12日

冬越し中

P1000016.JPG

サラセニア冬越し中。
枯れてるように見えますが毎年春になるとちゃんと花が咲きます。
今年は2月中に植え替えするのが目標。
卒業後の引越しも控えているで。


posted by 植物部 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サラセニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

秋のサラセニア

kata01695.JPG

カタオです。

文化祭で出品していたサラセニアが予想以上に売れてしまい
手元にあまり残っていません。
これは買わないだろうと思って半ば展示品として置いていたようなものまで売れてしまいました。
大切に育ててくれている事を願っています。

kata01696.JPG
Feather Bonnet

一番期待している品種!
まだ小さいので特徴がはっきり出ていませんが
大きくなれば最高に白い綺麗な筒になってくれるでしょう。
白いサラセニアが一番好き。

kata01699.JPG
S.alata Dark Maroon

これも小さいので見た感じ普通ですが
口の中が真っ黒になるはずです。
白いサラセニアとは対照的な感じになってくれる事を期待してます。

最初はサラセニアも原種が一番いいかなあと思ってたんですが
特殊な交配種の持つ色にロマンを感じるので最近は交配種のほうが好きです。

kata01697.JPG

最後に赤フラバ。
小さいですが一応育ってます。
posted by 植物部 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | サラセニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

サラセニアの近況

DSC01609.JPG
部長デス!
プルプレア・ベノーサ。
DSC01610.JPG
プルプレア・ベノーサ・バーキー。

まだまだだな。
posted by 植物部 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | サラセニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

枯れた記録

kata01514.JPG

カタオです。

初めてサラセニアを枯らしました。
それも去年一番調子が良かったポペイレッド。
ブログで植物を枯らした記事を書く人は少ないですが、
意外と勇気がいるので何となく気持ちが分かります。
この株はJCPSの千葉の即売会で買ったもので思い出の品だったんですが・・・

原因は二つあります。

1.水枯れで弱っていた。
(以前その記事を書きました。その時点ではまだ死んではいませんでした。)

2.弱っていた所に6月という夏場で植え替えをした。

部長もセファロタスを夏場に植え替えすると必ず失敗すると言ってましたが
サラセニアもその辺デリケートなのかもしれないです。
直接的原因は水枯れだとは思いますが。


この株以外のサラセニアはおおむね大丈夫なので悔やむ所です。
サラセニアが頑健なので油断してた所もあります。
これからはもっと慎重に行きます。
posted by 植物部 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サラセニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

水枯れ間近

kata01377.JPG
サラセニア・レウコフィラ Sarracenia leucophylla 原種の花

カタオです。
我が部のサラセニアは大学のベランダで栽培しています。
一般家庭のベランダより大学のベランダのほうが圧倒的に日当たりが良いからです。
日照が命のサラセニアにはとてもいい環境です。
しかし、大学にあるのでこまめな管理をしていません。
それで・・・

kata01372.JPG

3日ぶりに大学行ったら水枯れ寸前でした。
ゴールデンウィーク中雨が多かったので油断してました。
植物栽培家にとって多忙だからと水をやり忘れるなんて言語道断ですね。
深く反省してます。

しかし自分が管理している株はどれも新芽が枯れるほどまでは至っておらず・・・
これからちゃんと水をやれば復活するでしょう。
慌てて腰水をセッティングしました。

kata01380.JPG

水気が保たれていた株。コケが表面に生えてました。
鉢によって乾き具合に大きく差がありました。

kata01381.JPG

いい機会だったので自宅に持ち帰って枯葉をトリミング。
ウイルス対策のためハサミはちゃんと火であぶって消毒します。
サラセニアのウイルス関連の話は正直よく分かってないので怖いです。

kata01379.JPG

意外とこの剪定作業が盆栽感覚で楽しい。
rubra wherryiが花芽も合わさって可愛らしい姿に。

kata01382.JPG

株をチェックしてたらびっくりした物。
サラセニアの植え替え時期は2〜3月ぐらいらしいですが
水ゴケもあと半年ぐらいは持ちそうだったのでサボってました。
しかしこの窮屈そうな花芽・・・地中に潜っちゃってます。
何だか申し訳ないので近日中に植え替えします。

kata01383.JPG

大量の筒。
切ったら虫が腐敗した汁がドバッと出た物もありました。
食虫植物らしいと言えばそうなんですが・・・ちょっと引いちゃいます。
虫を捕らえるのを辞めて欲しいぐらいです。捕虫葉が長持ちしなくなるし・・・
捕虫葉の口に綿を詰める方法もあるらしいですがそこまでするのもどうかと思うので放っておきます。

食虫を栽培していない人ほど虫を捕らえる事を期待し、
食虫を栽培してる人は虫を捕らえる事なんかどうでも良いと思ってる気がします。
posted by 植物部 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サラセニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。