2011年04月07日

ドロセラ★ハミルトニー

DSC01032.JPG
こんばんわ、部長です!

今回はD.hamiltoniiで更新。

名前が結構可愛く思うのは自分だけだろうか。
オーストラリアに自生するモウセンゴケの一種です。
栽培は簡単!
モウセンゴケはよく枯らすのですが
あの草体の宇宙的な美しさが忘れられず
毎回チャレンジしてしまいます〜。
背が高くなるよりコンパクトなロゼット植物の方が好きらしい。
熱帯性のペティオラリス類と球根ドロセラもいつか挑戦してみたいものだ♪


posted by 植物部 at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

鉄則

DSC01005.JPG水苔ばっかりの更新になってしまってますね。。。
部長です!!

最近はようやく夜の寒さが和らぎ、
体温によっては涼しく感じられるようになりましたー♪
植物も成長を再開したものもあったりして春の訪れはモウスグ!
部屋の中の植物は季節感無く通年遅かれ早かれ成長しております。

水苔も然り。

もさもさに繁っています。

DSC01006.JPG
高さが出てきましたが、自らの重さが支えきれずに倒れ始めています。
そうすると脇芽を形成して更に過密になっていきます。
この株が一番最初に生水苔を植えて今、一番繁っている株。
早く他のも緑を一面に繁らして欲しい!
DSC01007.JPG
が、メインはセファロタス。
完全に埋もれてしまっています。
DSC01008.JPG
透明の衣装ケース3つを生水苔畑として
このように管理しているのですが、
挿し木しまくったセファロタスの葉がそこら中にばら蒔いています。
どこにいくつ入っているか把握しておりません。
とにかくたくさん。
DSC00852.jpg
発芽は確認済。後はそってしておこう。
この増殖作業も晩秋から春までしかできないのです。
暑い夏場に挿し木や植え替えは植物体を蒸らし、根が安定するまでに
絶対に腐らせてしまうからです!

夏(成長期)→根をいじらない。
冬(増殖可能時期)→根をいじれる。

夏に植え替えしてしまったら、極論冷蔵庫に入れましょう。(野菜室にね)
来年の夏くらいに小さい捕虫葉をポコポコつけてくれたらいいな〜♪

posted by 植物部 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

お久しぶりぃね〜♪

DSC00797.JPG
部長です。
ムシトリスミレの2種が開花しました!
初めてのことでとても嬉しい。ピンギキュラの花は可憐な小さなものですが
感動は大きかったです。。。はぃ。
DSC00802.JPG
株元。花芽が形成されて成長点を失うものかと思ってましたが、
横に反れるながらも成長点を維持している様子。
花芽もそうだけど全体の透明感が漂っている感じが好きです。
DSC00798.JPG
これはエーレルサエの花。ピンク!
DSC00800.JPG
これはエセリアナの花。
これからもこの季節に咲いてくれるといいのですが。。。

じゃ、アヂオス!
posted by 植物部 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

セファロタスの実生!

DSC00593.JPG
部長せす。
セファロタスの種を水苔に蒔いて何週間か経ちました。
変化なしです!
写真のように種が同化してます。
早く芽が出てほしい〜
かつて時計草の実生にチャレンジしたときには
存在を忘れかかった3ヶ月くらいの期間を経て、発芽した過去があります。
また、僕の知る限りで長い発芽期間は
2千年のハスの種です♪(トリビア)
だから蓮は長寿のシンボルなのですねー
2千年かかったら人生とうに終わってますわ!!
posted by 植物部 at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

三つ目が開く

DSC00514.jpg
こんばんわ、部長せす!
一番好きな植物で更新★
ネペンのグロ可愛さとピンギキュラのコンパクトさを合わせ持つ唯一無二のセファロタス。
栽培する側としても管理が楽なのがとても有難い!
衣装ケース(ある程度透明度のある物)または水槽に入れて密閉して棚に収納する。
高湿度と聞くと難しい、面倒な気もするけど
逆に水槽内に水分があれば湿度は勝手に上がるので水遣りはあまりいらない。
薄く水を底に張って無くなれば足すだけで良いワケだ!
こうして育ったセファロは蓋を開けた
DSC00516.jpg
未開の壷は今は2つ。
植替えを2回もしたのに壷のサイズを更新し続けている。そして、脇目も出ない。
サイズに徹してる固体らしい。
DSC00521.jpg
これから大株にしていく養生苗。
生水苔に2株入ってます。ぅん、将来が楽しみだ!
そして、しばらくするとセファロタスの種子が届く。
実生のチャレンジ!どれだけ好きなんだよ。
posted by 植物部 at 01:03| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。