2010年08月13日

パック

ますきっぱ

いいえハエトリ草<Dionaea muscipla>
です
ついにきました。かわゆい
IMG_1084.JPG
もう小バエくってる。
IMG_1082.JPG
短い間かもだけど おまいらよろしくな

IMG_1064_convert_20100813003351.jpg
ゼロでした。。。
IMG_1085.JPG


posted by 植物部 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

セファロタス・フォリキュラス

DSC00182.JPG

こんばんわ、部長です♪
今日は一時期、大ハマりしたセファロタスで更新〜

食虫植物の世界で最もかっこいい奴です。捕虫葉がつけば。
難物と知られてますが、性質をつかめば簡単なように思います。
一番のコツは植え替えを極力しないこと。(根に対しての刺激が弱いみたい)
あとは屋外、直射日光、腰水の3つでセファロ攻略!
写真のは実験株。鹿沼単用で室内LEDで育てています。
鹿沼だけでは酸性が強いのか、ただ砂利系が嫌うのか、
半年間成長が無く枯れもしない状態が続いたのですが・・
最近ようやく成長点が動き始めたみたいっッス。う、うれしい。
水苔だと健やかな成長が約束されるんだけども、だいたい1年半使えば寿命なんだよねー。
かつて、生水苔をコンポストに使ったけど惨敗。。。
鹿沼単用で成功できたらいいなー
posted by 植物部 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

実生ハエトリソウ消滅

kata00456.jpg
↑何の見所も無い画像


カタオです。
前から嫌な予感はしてたんですが実生のハエトリソウが消滅しました。

たぶん原因は日照不足です。
シダ向けによしず置いたりしてある
常遮光状態のベランダでハエトリソウをやるっていう
最初の選択の時点である程度勝ち負けが決まってたわけです。
梅雨の長雨もトドメになってた気がします。

去年一年は同じ環境で順調だったので
案外低日照に慣れるってこともあるのかなーと思ってたんですが。
やっぱり実生からはじめても無理なもんは無理ですね。
大学の直射日光が当たるベランダにある
おとなのハエトリソウは非常に元気なので日照の重要性を改めて感じます。

おなじ植物でも種類によって生きてた環境が大きく違うので
あれもこれもという事は当然できませんね。

色んな栽培家の方も言ってますが
室内でハエトリソウ育てようとしてる人はやっぱりやめたほうが無難です。
屋上とか庭、畑とか南向きの日照条件の良いベランダでやる事をお勧めします。
posted by 植物部 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

実生ハエトリグサ

kata00102.JPG
カタオです。

実生のハエトリグサです。
去年に食虫植物探索会さんから頂いた種を撒いたものですが
無事冬も越せたようで新芽も枯れずに元気そうです。
トリフィドパーク産ということでオーストラリアから来たオージーです。
まだまだ小さくてコンポストのミズゴケと混じって何が何だか分かりませんが。


しかし植え替えでもして根を痛めようもんなら
一発で消滅しそうな脆さが感じられます。
暑さで蒸れる夏が正念場になりそうな感じです。


写ってませんが豆腐の空きパックで育ててます。
貧乏くさいので写しません。
オシャレな鉢で育てているということにしてください。
posted by 植物部 at 17:18| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。